小樽 味の栄六

〒047-0027 北海道小樽市堺町2-12 TEL : 0134-24-0006 〒047-0027 北海道小樽市堺町2-12 TEL : 0134-24-0006

ごあいさつ

ごあいさつ

“味の栄六”は昭和40年創業になります。
この度、寿司にこだわらず、旨い魚の旨い料理をだすという、シンプルでありながらも、
小樽にありそうでなかった料理店をこの堺町通の中心に移転オープンいたしました。

『いつかこの小樽に理想のお店を作りたい。』

土地に根付いた、地物を使った旨い浜料理を地元価格で提供する、ありそうでないお店を。
そんな夢を抱きながら、日々研鑽を重ねてまいりました。
そんな時、この建造物と出会ったのです。

“一目惚れ”してしまいました。

北海道入植当時の古木を使った手斧削りの圧巻の梁組。
かまどストーブにこぢんまりとした寿司カウンター。
古き良き小樽の栄華を残す120年の歴史を重ねた建造物。

『この場所こそ理想の店を実現する場所だ。』

「味に想いを込めて…」のモットーは変わらずに、寿司だけでなく、天ぷら・煮魚・焼魚などの浜料理や、
かまどストーブで仕上げる煮しめなどの田舎料理、本格的な手打ち蕎麦まで旬の北海道小樽の料理をご用意します。
北海道の旨い魚料理をどうぞたっぷりとお召し上がりくださいませ。

プロフィール

昭和32年 北海道標津郡中標津町字計根別生まれ。
酪農家の三人兄弟の次男。
10歳の時に離農し、道東の港町、釧路に移る。市内の高校を中退し、札幌市内のすし屋を皮切りに料理の道へ入る。
てんぷら屋、うなぎ屋、割烹、イタリアン等修業し、30歳を区切りに独立開業を計画するが断念し放浪の旅へ。
その後徒弟制度の色濃い業種の為、四年間折れ奉公、しかし幸運にも隣町小樽市内で昭和40年創業の「味の栄六」を創業者オ-ナ-から譲り受け暖簾を引き継ぐ。

アクセス

JR小樽駅

JR小樽駅より徒歩10分
小樽駅側から堺町通りに入り、右手を歩きすぐです。
“小樽出世前広場”の路地(道路に書かれたけんけんぱが目印)の奥になります。

JR南小樽駅

JR南小樽駅より徒歩10分
メルヘン交差点からまっすぐ堺町通りを歩き、
左手にあります。